☆フジミ フェラーリ126CK製作 その5☆

こんにちは。

ほんの少し進んだので更新です。

ラジエータ作成の前にリアサスペンション周りを仕上げてしまいましょう。

まず、ブレーキラインがキットでは再現されてないので作ってしまいます。
0.5ミリの鉛線をデザインナイフのグリップでコロコロして編み目を入れます。
それからプラ板で受けを作って3方向にラインを出しておきます。


それを、サスペンションアームの上に接着します。


そしてブレーキキャリパーに接続すれば完了です。
ピントあってませんが・・・


どんどん深みにハマってきている感がありますが、リアスタビライザーも作ってしまいます。
0.5アルミパイプに0.3の真鍮線でこんな物をつくります。


マフラー排気口の下にあるスタビライザーパーツに取り付けます。
あまり効果なかったかもしれませんが・・・雰囲気重視と言うことで~


めちゃくちゃ製作スピードが落ちてきました(汗)
これではブログ更新スピードも同時に落ちることに・・・

そもそもこのブログの内容で良いのでしょうかね・・・?
よろしければこのブログについて皆様のご意見を聞かせていただけたらうれしいです。

では。
スポンサーサイト

☆フジミ フェラーリ126CK製作 その4☆

こんにちは

フェラーリ126CKのエンジンパートの続きです

マフラーを少しいじりました
排気口の仕切り板を0.3ミリのプラ板で作りなおしました
キットの物は分厚いのでちょっと加工すると見た目がグッと良くなります



そして、エキパイと排気タービンを取り付けます
合わせてメッシュホースを追加したオイルクーラー(画面右端の銀色の板)を取り付けます

メッシュホースはミッションケースに突き刺しておきます
本来、オイルクーラーから2本ホースが出ているのですが、スペースの関係上1本だけ出しました



左のシリンダーヘッドから0.5ミリの洋白線を出して耐熱板?に穴を開けて通しておきます
この線はスタビライザーセンサーケーブルでしょうか?
よくわかりませんが追加します



そして、ウエストゲートドラムとマフラーを取り付けます
耐熱板に貫通させたケーブルをドラムに接続
さらにドラム側面から排気タービンにもう一本ターボセンサーケーブルを追加します


こんな感じです
マフラーにエナメル塗料でオイル焼け表現を入れました


これで一旦エンジン本体は終了ですね


後はテールランプ等の電装系のコネクターを追加します


アンダートレイとモノコックにエンジンを接続
問題ないようです


次はラジエータ周りを製作していきます
早くエンジン終わりたい

では。

☆フジミ フェラーリ126CK製作 その3☆

こんにちは

フェラーリ126CKのエンジン製作の続きです

今回は燃料ホースの追加を行っていきます

キットは燃料ホース取り付け基部が省略されているので
基部を作ってしまいましょう
まず1㎜プラ棒に0.5㎜の洋白線を突き刺してT字型のパーツを作ります



それをカットして計6個作ります


エアチャンバーの燃料口に0.5㎜の穴を開けそこに差し込みます
そしてサフを吹いて塗装してしまいます


こんな感じです
シルバーが綺麗過ぎますがこれはまた後で微調整します。
エアチャンバーのブルー部分にベアメタルの細切りを巻きつけて固定用バンドを再現しました



そして着色したビーズ用透明ゴムを燃料ホース基部に取り付けます
ついでにいくつか配線を追加しときます


燃料ホースを燃料分配器に差し込んでいきます
さらに燃料分配器からメッシュホースを出しておきます
メッシュホースは0.7㎜の鉛線をデザインナイフのグリップを押し付けて網目を入れたやつを金属フランジで接続しています


燃料ホースをまとめるのに熱収縮チューブを使用しましたが硬すぎて上手く曲がらない・・・
このスケールではちょっときついかも


次回はターボユニットの製作です
早くエンジン終わりたい

では。
プロフィール

むらしょん

Author:むらしょん
カーモデルを中心に製作しています。
F1の歴代チャンピオンマシンを全て製作する事が目標です。
寄り道が多いです
[リンク募集中]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
管理画面
  • 管理画面
  • アクセスカウンター
    検索フォーム
    リンク1
         
    リンク2
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    フリーエリア
    むらしょんのTwitter!