☆タミヤ リジェJS11製作 その2☆

こんにちは

JS11少し進みましたので更新です

前回、メッキパーツをどうするか紹介しましたが・・・
結局メッキを落としました~
金型の合わせ目、いわゆるパーティングラインが結構目立つ所に走っているので・・・
実車もメッキではないので綺麗なシルバーで後日塗装します
しかしなんでメッキの下は乳白色のプラなんでしょうか?
なんか意味あるんでしょうけど・・・
JS11メッキパーツ

そしてF1模型に欠かせないのがデカール
画面左がキットの物、右が今回使用するエッフェ社のデカール
キットは30年程前の物なので当然のごとくデカールは変色して死んでいます・・・・
外品のデカールは高価ですが古いキットを製作するときには本当に助かります
自分がエッフェ社のデカールを多用する理由としては、
キット純正のデカールサイズとピッタリに作られているので
貼り付けてもまずサイズが違うなどのトラブルがないことです
あと、価格がちょっと安い(これ重要)
JS-11デカール

エンジン部
ここまで進んでます
生涯何機目のフォードDFVエンジンでしょうか・・・
70年代~80年代はフェラーリ以外のF1ほとんどがフォードDFVエンジンといってもいいくらいです
例外もいますが、古い時代のF1を作るとだいたいDFVエンジンを作らないといけません(笑)

この年代のF1は直接ボディにエンジンがマウントされているのでまずエンジンを完成させないとボディに進めません
JS-11エンジン1

キット付属のプラグコードは太すぎるので使用せず0.5のエナメル線に交換
シリンダーヘッドのプラグコード差込口は0.8のアルミパイプを差し込んで実車同様に一段上げてあります
燃料ホース(銀色のラッパの下から出てるやつね)は手芸用ビーズに使用する
0.5の透明ゴムを着色して取り付けました
テグスよりもやわらかいのでとり回しが楽チンです
後、マフラーの取り付けとオイルクーラー用のホースを追加してエンジン製作は終了です
ラジエターホースは追加しません!
このキットラジエターのパーツがないのでー
あと見えないし
JS-11エンジン2

進みが悪いですが何とか今月中には完成させます!

仕事の重圧でプライベートが圧迫される生活はもうやめた。
忙しくても作るんじゃー!

では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むらしょん

Author:むらしょん
カーモデルを中心に製作しています。
F1の歴代チャンピオンマシンを全て製作する事が目標です。
寄り道が多いです
[リンク募集中]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
管理画面
  • 管理画面
  • アクセスカウンター
    検索フォーム
    リンク1
    リンク2
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    フリーエリア
    むらしょんのTwitter!