☆フジミ フェラーリ126CK製作 その4☆

こんにちは

フェラーリ126CKのエンジンパートの続きです

マフラーを少しいじりました
排気口の仕切り板を0.3ミリのプラ板で作りなおしました
キットの物は分厚いのでちょっと加工すると見た目がグッと良くなります



そして、エキパイと排気タービンを取り付けます
合わせてメッシュホースを追加したオイルクーラー(画面右端の銀色の板)を取り付けます

メッシュホースはミッションケースに突き刺しておきます
本来、オイルクーラーから2本ホースが出ているのですが、スペースの関係上1本だけ出しました



左のシリンダーヘッドから0.5ミリの洋白線を出して耐熱板?に穴を開けて通しておきます
この線はスタビライザーセンサーケーブルでしょうか?
よくわかりませんが追加します



そして、ウエストゲートドラムとマフラーを取り付けます
耐熱板に貫通させたケーブルをドラムに接続
さらにドラム側面から排気タービンにもう一本ターボセンサーケーブルを追加します


こんな感じです
マフラーにエナメル塗料でオイル焼け表現を入れました


これで一旦エンジン本体は終了ですね


後はテールランプ等の電装系のコネクターを追加します


アンダートレイとモノコックにエンジンを接続
問題ないようです


次はラジエータ周りを製作していきます
早くエンジン終わりたい

では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むらしょん

Author:むらしょん
カーモデルを中心に製作しています。
F1の歴代チャンピオンマシンを全て製作する事が目標です。
寄り道が多いです
[リンク募集中]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
管理画面
  • 管理画面
  • アクセスカウンター
    検索フォーム
    リンク1
    リンク2
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    フリーエリア
    むらしょんのTwitter!