☆フジミ フェラーリ126CK製作 その10☆

こんにちは。

126CKの製作はいよいよ大詰めです!
今回の更新は外装の仕上げに入っていきます。
では行ってみましょう。

まず、ずっと放置していたウイングを一気に仕上げました。

シルバーは艶ありブラックを下地に塗装してから、ガイアノーツさんのスターブライトシルバーを塗装。
デカールの保護に軽くクリアーを吹いておきました。



戻りますが、塗装前のフロントウイングです。
翼端板にリベット(丸いやつね)がありますがそのど真ん中につぎ目が走っているので削り落としてから赤を塗装しました。




こんな感じです。
リベットあとに0.5㎜の穴をあけておきます。
後に金属リベットを差し込んでリベットを復活させます。




これが金属リベット。
トップスタジオ製の金属リベット1.2㎜を使用しますが、取り付けは後日行います。



タイヤとホイールも仕上げました~
カナダGP仕様で製作しているのでタイヤは雨用のレインタイヤです。


シルバーの塗装はスパッツステックのクロームを使いました。
久しぶりに使いましたが相変わらずいい輝きの塗料です。
1本2400円しますが・・・
本来、カナダGPに使用されたレインタイヤ用のホイールはつや消しのシルバーなのですが、
こっちの方が立体栄えするのでメッキにしました。


で、仮に付けてみました。
めちゃくちゃかっこいいですね。



ボディカウルも進行中です。
ウレタンクリアーまで終了しました!明日から研ぎ出しできますね。
画面上の126C2は後追い製作でしたが何とかCKと一緒にクリアー吹けました!
C2とCKあえて赤を変えてみましたがどうでしょうかね。
C2はクレオスさんの№3レッドで塗装してみましたが、もっと暗いディープレッド寄りにしてもよかったかも。



このデカールの差(笑)
左がカルトグラフ製デカール、右がフジミ製

白が全く違いますね。
カルトグラフはさすがに色透けせず真っ白ですが、フジミ製はやはり透けてますね・・・



最後に、C2の下もここまで出来ました。
ただ説明書どおり塗装しただけですが、本来プラモデルの楽しみ方はこうでなくっちゃと改めて思いました~


次回作の仕込みを少し進めています。

またフェラーリか!と言われそうですが、
またフェラーリです。

では。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むらしょん

Author:むらしょん
カーモデルを中心に製作しています。
F1の歴代チャンピオンマシンを全て製作する事が目標です。
寄り道が多いです
[リンク募集中]

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
管理画面
  • 管理画面
  • アクセスカウンター
    検索フォーム
    リンク1
    リンク2
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    フリーエリア
    むらしょんのTwitter!